カテゴリー別アーカイブ: 教室長の小言

【理数院の小言】空葉理数院の授業って?

空葉理数院 代表の大平です。

5月も中旬となり、運動会シーズン到来ですね。日中と夜間では気温差がかなりありますので、体調管理に十分注意してくださいませ。


空葉理数院新体制になってから早1ヶ月となりました。

学校の方の日程も落ち着き、学習の方もぼちぼち進み始めています。

さて、今日は、空葉理数院の授業についてお話したいと思います。

理数院自体は8年ほど続いてはいるものの、知らない方々の方が多いのが現状でございます。(ここ最近は授業に集中しており、広告関係に力を入れなかった手前もあり・・・)

話を戻しまして、

空葉理数院ではどんな授業で、どう指導してくれるのか?の部分に戻ります。

塾の授業方針は、室長あいさつでも述べておりますが、

「自らで考え、自らで判断で問題解決をし、自分の考えを表現する」

としております。

実際の授業もこの方針にのっとった形になっています。

中学生・高校生ともに基本は

映像授業での理解⇒プリント演習での実践⇒試験による定着度確認⇒家庭課題での復習

の形になっています。(もちろん例外はございますが、それは生徒一人一人に合わせたカリキュラムという形で行っていますので、場合によっては、若干やり方を変えることもあります。)

あれ?先生は教えないのか?と疑問に思う方もいらっしゃるかもしれません。

もちろん、授業・指導は致します。しかし、あくまで生徒の皆さんの「実践後」に行う形になります。

空葉理数院新体制の目玉である、「eトレ演習トレーニング」ですが、

この授業は、「予習」「演習」「試験」「課題」の4段階で着実に理解と定着を図るものとなります。

まずは、事前に課題と一緒に「予習レジュメ」を読み、基本問題を自宅で解いていただきます。

その後、塾にてプリント演習トレーニングを行います。こちらは80分となります。

前半40分で、予習事項の確認・質問受付・解説⇒トレーニングをしながら、わからない部分、計算がうまくいかない部分などなど指導をしながらの演習を行います。

後半40分で、前半内容の試験を行います。基本的には試験は「2度」行います。

強制再テスト制度

と塾では銘打っています。

そこで、本当に理解ができているのか?本当に自分の力で解けているのかの確認とできないところのあぶり出しを行います。そして、自らで、足りない部分などを気付いていただきます。

そして、家庭用課題としての「eトレダブル分」をお渡しします。「eトレダブル分」とは、授業での演習分と全く同じブリントの課題となります。

このダブル分を授業での反省を踏まえて、解き込み定着を図る形となります。

また、習得する基本の型ともなりますので、勉強方法も身につく仕組みになります。

ですから、

「塾に行って、授業を受けました、次の週は忘れました」

といった全く定着しない勉強法ではないということになります。

そして、この仕組みの半分の状態でも、大きな成果を出しています。

人によっては、中学生ですと40点から70点へも上昇したということもございます。高校生も定期テストで80点をキープということもございました。模試の偏差値もだいぶ上がる人もいらっしゃいました。

様々な生徒さんをみて、いまの子供に取って足りないものを補う形の授業体制です。ぜひ、多くの方に体感していただきたいものです。


小言のくせに長くなってしまいました。

5月の段階ですと、まだ募集枠はあいている状態でございます。

6月以降は、定期テストの結果次第で塾へ通おうかと考える方もいらっしゃって、枠がどんどん埋まっていきます。ご検討はお早めにをおすすめしております。

それでは、また次回の小言にて。

【理数院の小言】GW明けて再稼働

空葉理数院 代表 大平です。

GW10連休が明け、いよいよ通常運転再開です。

4月29日のロボットプログラミング無料展示会・体験会では、多くの方にご覧いただきまして、少し認知が上がればと思います。

また、近々行いたいと考えています。その際はこちらで告知させていただきたいと思います。


さて、GWが明けまして、学校の方も始まりました。

また、新元号「令和」も始まりました。

いよいよ、これからというところ・・・

ですが、今一つ乗らない学生もいらっしゃるのではないでしょうか?

10連休…新年度の疲れがどっとでたり、緊張がほぐれてなんとなく気持ちが落ち込んだりなどなど。

本当は頑張りたい、でも、なんとなく頑張れない・・・この時期このような状況が出てくる場合がございます。

そのようなときはどのようにしたらよいでしょうか?という問う生徒がいらっしゃいます。

そんなときは、ひとまず深呼吸をして、気持ちの乗らない理由を考えてみましょう。

  • ただだるい?
  • 何か悩み事?
  • 思うようにいかないことでもある?

何らかの「原因」が必ずあるはずです。

その原因をしっかり見つめなおしたら、ひとまず横においておいて

「さあ、切り替えて進みましょう」と一声あげて、再稼働です。

案外、すっきりなるものです。

それでもダメなら、家族やお友達、身近な人とよく会話です。

意外と元気が出たりします。

私も、学生のころはこのような経験がございます。

いろいろ足掻きながらも、まずは動くということが一番大事かと思います。

ぜひ、試してみてくださいませ。


理数院も、新年度が始まり、落ち着いてきました。

夏ももうすぐやってきます。

新規生も随時募集しております。まだ定員に空きがございますので、お早めにご検討くださいませ。

これから頑張ろうという学生の皆さんをお待ちしております。

【空葉理数院の小言】未来の教育

空葉理数院 代表 大平です。

4月ももう下旬ですね。間もなく平成も終わります。時代は「令和」になり、平成とはまた違う時代へと変わっていくことでしょう。


さて、2020年大学入試改革がまもなく始まります。

センター試験から大学入試共通テストへと大きく変わっていきます。大きな変化は

  • 英語の外部検定が活用される。(英語の読む・聞くに加えて、書く・話すが追加)
  • 現代文・数学で記述式が追加(表現する力が問われる)
  • 学科試験以外の調査書や志望理由書が問われる

というところです。

なぜ、今この時期に大学入試改革が行われるのか?

実はこの”裏”を読まなければなりません。

ここで、出てくるキーワードがあります。

文科省の打ち出している、

思考力・判断力・表現力

です。

何故、このようなものを打ち出してきたのか?といいますと、そこには未来の教育というものが込められているからです。

人工知能や機械、電子機器、コンピュータが発達し、様々なものの自動化・無人化が進んできています。

いまや、「いわれたことだけをやれる存在」はコンピュータ・機器に置き換えられる時代がやってきます。しかも、ここ数年以内に。

となりますと、必要とされる人というのは、

複雑な指令を理解し、コンピュータへ与えることができる人

様々な言語を用いて、いろいろなものを表現できる人

新たな可能性を思考・創造できる能力を発揮できる人

となってきます。そこで、

思考力・判断力・表現力

が出てくるわけです。

これを知らずに、ただただ言われたことだけできればよいとか、何も考えずに社会の流れに沿って行けばいいなどと考えていれば、

間違いなく、社会についていけない人へとなるかと思います。

ですから、しっかりと、思考力・判断力・表現力を鍛えておかなければなりません。

そのための、

空葉理数院・授業新体制

を敷いたわけです。

※室長あいさつでも触れています。→室長あいさつ

○自分で考える「映像授業」→「トレーニング」

○思考力・判断力・表現力を養う「プログラミング教育」

まさに、このためであります。

少しでも浸透してくださればと思っております。

【空葉理数院の小言】定期テストの対策はいつからはじめる?

空葉理数院 代表の大平です。

4月も中旬も過ぎ、お花見シーズン真っ盛りです。

桜まつりも盛況なようで、今が見ごろですね。

奥州市では今週~来週が見ごろかなと思います。

ぜひ、楽しんでくださいませ。


◇定期テストシーズンがやってきます◇

さて、まだ4月ではございますが、GWが終わりますと、すぐに、

定期テスト

がやってまいります。

まだまだ先と思ってはいませんでしょうか?

中学生は、5月下旬

高校生は、6月上旬

となっています。

多くの学生は、

「テストが近くなったら対策すればいいよね?」

と考えがちです。

1日前?2日前?だいたい1週間前から?

それでは、思っているような良い点数はとれません。

定期テスト対策は

「すでに始まっている状態」

と考えておかなければなりません。

明日テストがあったとして、今学習済みの内容で80点以上取れる状態が理想です。

これを意識して勉強を進めておけば、

テスト前に焦ることは決してありません

定期テストが終わった後に、次のテストを必ず意識し、次回のテスト日に向けて、計画的に勉強を進める。これが一番でございます。

しかし、それが難しいこともわかります。

ですから、空葉理数院では、

「常日頃の勉強で、内容を全力で理解し、今解けるようにしておくこと」

を生徒の皆様に授業のたびに意識づけています。

テスト前1週間は、解けるかどうかの「確認」となります。

これをお読みになられたら、ぜひ、今からテスト対策を意識していきましょう。


空葉理数院では、第8期生の生徒募集を開始しております。

5月を過ぎますと、生徒数の増加により、受講が難しくなってしまうことがあります。

現在は、7期の大学受験生が卒業されて、十分塾の空きがございます。

学習塾への通塾を検討されていましたら、ぜひ、早めのご検討を。

高校入試対策・大学入試対策・日々の定期テスト対策諸々ご相談に応じさせていただきます。

何卒よろしくお願い致します。

空葉理数院 大平雄輝

【空葉理数院教室長の小言】高校生の勉強の仕方

空葉理数院 代表の大平です。

学校の方も始まり、新しい環境となりました。

新高校生となり、勉強の不安を抱える方も出てきていることと思います。

本日は、高校生の勉強の仕方についてお話したいと思います。

若干長くなります。お時間あるときや、余裕のあるときに読んでいただけると幸いです。

さて、高校生の勉強は

「予習」→「授業」→「復習」

の流れが基本となります。これは、おそらく学校でも一番初めに伝えられたかと思います。

では、こうはいうものの具体的にどうしたらいいの?という疑問がわいてくるかと思います。

まず、「予習」についてです。

予習の基本は「教科書を読むこと」です。授業の前にあらかじめ教科書を読んでおくことです。どのようなことを授業で行うかを知っておくことは重要です。

ここで、予習のポイントですが、

  • 授業で何を学習するかを知っておく
  • 教科書を読んで理解できたものとできなかったものを分けておく
  • 授業の際に、注意して聞いておくことは何かをまとめておく

この3点です。

しっかり時間をとって行うことができれば理想ですが、昨今の忙しい高校生にはなかなか難しいところかと思います。ですので、

さらっと教科書を読んで、わかったわからないをはっきりさせて、授業でどうしようか?を考えておくことだけでよいと思います。

そして、それを「授業」でしっかりと聞いて学んでくる。

一つ一つの授業に「真剣」にのぞむことが大事です。

寝ていてはいけません。

授業で聞いたものを、実際に問題を解いてみたり、ノートをまとめ直したりすることが「復習」ということになります。

ここが最も時間がかかります。

復習のポイントは

  • 理解できたものを、問題を解いてみてできるかどうか確認
  • 理解できなかったものを再度教科書等通して確認
  • 授業でとったノートの確認

となります。復習はあくまでも「理解の確認」と「できるの確認」が主となります。

1科目あたり20分程度で済ませられるようになれば、よいかと思います。

空葉理数院では、eトレ演習授業が

「予習」→「授業」→「復習」

この方式となっています。

予習プリントにて、あらかじめ内容の確認。

授業にて、実際に学びます。

復習は、授業でやった同じ内容のプリントで再度「出来る」の確認。

です。

高校の勉強でお悩みの高校生は、ぜひ試してみてください。