●高校2年生のコース

高校2年生の冬休みの学習目標は、大きく3つになります。

1.休み明けのテストで高得点を取ること、

2.冬前の学習内容の総確認

3.大学入試への意識を高める

となります。

定期テスト対策はもちろん重要ですが、空葉理数院では、特に

大学入試レベル問題への対応

を冬期修練会ではできるようになっていただきたいと思っております。

大学入試では、通常の学校の授業では扱わないような問題が多数出題されます。

今後は大学入試共通テストともなり、より応用力が問われます。

そこで、空葉理数院では、

数学と英語の入試レベルを扱う少人数制講義

を冬期修練会のコースとしてご用意しました。

数学では

  • ベクトル
  • 数列
  • 微分積分

の大学入試共通テストのレベルの問題を扱います。80分×5回の授業となります。

※高1用コースのⅠAの受講も可能です。
⇒高1用のコースはこちら

英語では、英文構造分解の技術の講義 ~従属節攻略編~を致します。

英文読解において一番の壁となる2つ以上の文が合わさって、1つの文になっているものの構造の取り方を学びます。この講義を学ぶことで、文の核を読み取ることができ、長文読解や英文和訳、英作文に対応することができるようになります。

内容は

  • 従属接続詞を伴う、名詞節・形容詞節・副詞節
  • 2つの英文をつなぐルール
  • 関係代名詞について
  • 実戦例題解説

の80分ずつ全5回の講義を予定しております。

また、受講特典としまして、

夏期修練会の再録「英文構造読解の技術~基礎編~」の動画授業4回分

をお付けします。

詳細はコース一覧にて、ご確認くださいませ。

また、定期テスト対策・休み明けのテスト対策用として

特化演習コースもご用意しています。

特徴は

  • 一人一人の成績や状況に合わせたカリキュラムの選定
  • 苦手単元の徹底演習とわからない部分の解説
  • 解説+演習でわかるで終わらせず、解けるまでに仕上げる

となっています。ぜひご検討くださいませ。

・特化演習授業の流れ

特化演習授業は1回分が90分となっています。

前半60分で、解説を行いながら、問題の演習に取り組んでいただきます。

解説で、理解を深めて、演習で実際に解けるように仕上げます。

また、解いている中でわからないものは時間内に質問していただくこともできます。

後半の30分では、60分の演習の成果を見るべく、チェックテストを行います。

理解ができているか、解けるようになっているか、どの部分ができていて、どの部分が再度復習が必要であるかを見極めます。

テスト終了後は見返りの時間を設けます。

授業後は、復習用に”ダブル分”として、授業で行ったプリントと同じものを課題として課します。


●コース詳細

・共通テストポイントセレクション数学ⅡB講座(少人数制講義)80分 5回 18000円

・ 共通テストポイントセレクション数学ⅠA講座(少人数制講義)80分 5回 18000円

・英語【英文構造分解の技術】(少人数制講義)80分 5回 18000円

・特化演習授業 1科目 90分 4回 15000円

●日程の決め方

・少人数制講義の日程について

少人数制講義の日程につきましては、申し込み締め切り12月15日以降の人数状況によって確定し、15日以降に日程をご連絡いたします。時間帯は17時以降となります。

・特化演習授業の日程について

日時につきましては、下記の日程から、ご都合に合わせて回数分選んでいただく形になります。それぞれの時間帯に定員もございますので、空き状況に合わせての設定となります。

  12/25 12/26 12/27 12/28 12/29 12/30
13:30~15:00
15:10~16:40 × ×

 

  1/4 1/5 1/6 1/7 1/8 1/9
13:30~15:00 ×
15:00~16:20 ×

 

●お申し込みについて

お電話、またはHP上のお問い合わせフォームよりお問い合わせくださいませ。

お問い合わせ後は、お電話または面談にて、お子様の学習状況や、改善したい点などのヒアリングののち、コースのご提案・申し込みのお手続きをさせていただきます。

まずは、ご相談だけでも大丈夫です。